都心部で土地を探す方法|一から家を造りたいあなたへ

田舎暮らしに人気の地域

部屋

購入してから作り替える

近年では田舎暮らしがブームになっていて、長野と山梨と次いで岡山県が人気となっています。温暖な気候で過ごしやすい岡山県は、倉敷の美観地区など見所があるだけでなく、都心に行けば十分に発展しているので、退屈することもないようです。そんな岡山の田舎暮らしで住むのに最適なのが、状態の良い中古一戸建てです。中古一戸建ては新築ではありませんが、人の手に渡って使用されたものなので管理がされていて、物件によっては趣のあるものも多いです。基本的に同じ立地条件なら、新築より築年数の古い方が安価になるため、住み替えをするのにもってこいと言えます。何より物件が既に出来上がっている状態のため、購入してからすぐに住めるのが大きなメリットになっています。築年数が極端に古いと耐震性や耐火性などに不安があるかもしれませんが、古い建物ほど味わいがあるとして好んで購入している人も少なくありません。問題のある部分は購入してからリノベーションで作り替えることで、住みやすい環境に変える人もいます。新築を購入するよりは、中古一戸建てを購入して、余った予算から内装を変えるなど、自分のライフスタイルに合わせた変更ができます。岡山県では地域の立地条件で中古一戸建てでも高い価格になることがありますが、自分にとっての利便性や住み心地が重要となります。田舎暮らしを求めて郊外に住んでみるのも良いですし、交通アクセスなどの利便性を重視して都心に近いところを探してみるのも良いでしょう。購入する際は、こうした環境をしっかりと見極めるために、現地視察を念入りに行ってから決めるようにしましょう。